競馬に恋して・・・・2021年度3歳クラッシックロードは 第三弾

牝馬クラッシック第1弾「桜花賞」が4月11日阪神競馬場で行われます。

注目は、4戦4勝のソダシが史上8頭目となる無敗での桜花賞制覇を達成するか?

また九州産馬の星、ヨカヨカの先行力がどこまで通用するか?またまた超良血のアパパネの娘アカイトリノムスメか?

川田騎手の3週G1制覇か・・・・・

それでは第2弾で紹介した内容を整理して勝馬の検討に入ります。

参考にして頂ければ幸いです。

◆阪神コース1600m

  ・スローの上がり勝負になり易く差しが届かない場面が

◆桜花賞の傾向は

デープインパクト産駒、その中でも欧州指向タイプ

キングカメマメハの系統 特に父母がサンデー系

・前走チューリップ賞組で特に前走2番人気以内

・前走フィリーズレビュー組は、連対していて阪神JF5着以内の実力のある馬

ショウさんの予想は上記と反対の展開を予想し差し/追い込み馬を上位にしました。

・エリザベスタワーの「単勝」をお勧めします

<出走予定馬>

予想馬名騎手前走着順
アカイトリノムスメ横山武GⅢ クイーンC
アールドヴィーヴルMデムーロGⅢ クイーンC
エリザベスタワー川田GⅡ チュ-リップ賞
エンスージアズム岩田望GⅢ フラワーC
サトノレイナスルメールGⅠ 阪神JF
シゲルピンクルビー和田竜GⅡ フィリーズR
ジネストラ北村宏L  アネモスS
ストゥティ岩田康GⅡ チュ-リップ賞
ストライプ田辺L  クロッカスS
ソダシ吉田隼GⅠ 阪神JF
ソングライン池添L  紅梅S
ファインルージュ福永GⅢ フェアリーS
ホウオウイクセル丸田GⅢ フラワーC
ミニーアイル藤岡康GⅡ フィリーズR
メイケイエール横山典GⅡ チュ-リップ賞
ヨカヨカGⅡ フィリーズR

皐月賞出走予定馬の有力馬と父

馬名勝鞍着順
ダノンザキッドジャスタウェイGⅠ ホープラルS
タイトルホルダードゥラメンテGⅡ 弥生賞
ヴィクラティファルスハーツクライGⅡ スプリングS
ステラヴェローチェパゴGⅠ 朝日杯FS
ラーゴムオルフェブルGⅢ きさらぎ賞
エフフォーリアエピファネイヤGⅢ 共同通信杯
オーソクレースエピファネイヤGⅠ ホープラルS
グラティアスハーツクライGⅢ 京成杯
アドマイヤハダルロードカナロアL  若葉S
レットベルオーブディープインパクトGⅡ ディリー杯2歳S

皐月賞勝馬のポイントは速い馬を見つける事念頭に準備します。