神奈川県でお仕事をお探しの方はこちら

衝撃!スマホの充電ができない落とし穴

うそ!?変わってないやんかー

眠る前に見た数字と、同じなことに驚きました(汗)

驚き桃の木山椒の木とは、このことだと思ったナオキータです。

ちゃお♪♪

こういう事ってございませんか?

朝起きてスマホを見たら、全く充電されていなかった(涙)

「おーい、1日どうするねーん!?」

ま・・まぁ、慌てて出かけるまでの間に、充電し直すんですがネ。

100%チャージまでは行かなかったりいたしますー。

1ヶ月くらい前でしょうか?

こういう事が頻繁に起こりだしたのです。

眠る前に充電器のケーブルを、スマホの本体に差し込んでおきます。

が、しばらくしてスマホの画面を見ると充電中のランプが消えている(汗)

どうやら、接続状態が持続しないみたいなんです。

いわゆる慢性的な接触不良。

コネクターの接続部分が、少し角度が変わったりすると、もう駄目のようです。

初めは、接続したら、ガムテープ貼りつけて、補強していたんですがネ。

それもあくまで応急処置。

やはり微妙な角度なんかで、エラーになります。

ネットで対策を検索しました。

【本体かケーブルが原因】

はい。もう2年以上使っております。

毎日1回は、充電器の抜き差しをやっておりますのでね。

しかも、女性の手を握るように、優しくは扱ってません(苦笑)

ワイルドにグッサグッサと、コネクターにブッ刺してましたー。

どちらかのコネクターが、広がってしまったのかも知れません。

充電器側なのか?スマホ本体側なのか?

えぇ。ここ大きな分かれ目です。

充電器側でしたら、買い替えても費用は、大してかかりません。

ですが・・・・。

スマホ本体ですと、修理にはワタシのマブダチの諭吉が、数枚ほどワタシの財布から、旅立つことになります―(涙)

「それだけは、やめてーーーー!」

ということで、まずは充電器側のコネクターを検証。

「接続部分が広がっているなら、狭くしたらイイんじゃないか?」

さっそく、ラジオペンチで接続部分を、ギュッと少しだけ、潰してせまくしてみました。

これで緩まなければ幸いです。

だがしかし・・・。

本体に繋げても、充電ランプはつきませんでした―(涙)

じゃあ本体の劣化が原因なのか・・・。

ガックリしながら、

本体の接続部分の穴を見ていたんですね。

「ん????」

何か穴の奥の形状が、左右差あることに気づいたんです。

そこで縫物針で、奥を突っついてみました。

「んん?」

何かボロボロと取れるものアリにけり。

はい。

コネクターの奥に、

大量のホコリの塊が溜まってたんですー。

ほんと、粉っぽい感じでなくて塊です。

例えるなら、3ヶ月くらい耳掃除を、しなかった時のような塊です(笑)

一通り、それらを除去しました。

そして、ケーブルと本体を接続すると、アナタ。

カチッとハマりましてね。

充電ランプ、ピッカーじゃないですかー(驚)

はい。

どうやらコネクターの劣化ではなくて、ホコリが溜まっていたせいだったようでした。

うーーーん。灯台下暗し。

コネクターの奥、もっと暗し。

接続部分って狭くて、奥が暗いじゃないですか?

老眼も入ってきたお年頃のワタシに、

そんなの見えませんですからー(笑)

まあ結果オーライ。野口英世も諭吉も出ていくことなく、事件は解決いたしました。

よくよく調べてみると、電化製品の故障の原因には、ホコリによるものが、少なくないらしいですね。

よくスマホの寿命が、2年くらいと言われてますがね。バッテリーやコネクターの劣化だけでなく、ホコリの有無もチェックしてみると、

意外とまだまだイケるかも知れませんね。

ここで1言。

自分の生き方にホコリは持ってもいいけれど、

精密機械のホコリは持たぬ方がOK牧場!

byナオキータ